人生でいちばん大きなお買い物

ここに綴られた短編ストーリーは、実際にマイホームを叶えられた方々やTHRグループの社員に取材した事実を基に作られました。「家」をめぐるちょっと笑えるお話、思わず泣けるお話、なんだかほのぼのするお話をお楽しみ下さい。

「子供が小学校に入学する四年後に家を買おうと考えています。そこで、後学のためにどんな物件があるか見ておきたいのです。どうぞよろしくお願いします」
「住まい」は確かに大きなお買い物だ。人生で一番高額かもしれない。さすがに慎重にもなるだろう。しかし、四年後を見据えて「住まい」探しを始めるお客様は営業人生十一年で初めてだった。
待ち合わせの場所に車を停めると、僕は大きくため息をついた。
四年後か……長いよなぁ。
運転席から屋根の上で快晴の青空を気持ちよく泳いでいる鯉のぼりが見えた。ゴールデンウィーク最初の日曜日、世の中はさぞかし浮かれていることだろう。そんなとき、僕は四年後のために働いている。少しさみしさを覚えた。
お約束の時間五分前、こちらに向かってくる三人のご家族の姿が目に入った。真ん中に三歳くらいのお子さん、ご夫婦に両手をつながれて顔をほころばせている。
真鯉(まごい)のお父さん、緋鯉(ひごい)のお母さんと子供――鯉のぼりみたいに仲良さそうな家族だなぁ。
「はじめまして。今日はよろしくお願いいたします」
名刺を差し出すとご主人は大切そうに受け取って、僕と僕の氏名を何度か交互に見て微笑んだ。
「今日は楽しみにしています。こちらこそ、よろしくお願いします」
かなり真面目な印象。四年後のために「住まい」探しを始めるくらいだから、それもそうか。と妙に納得しながら車に乗り込み、エンジンをかけたとき、そのご主人から予想もしなかった言葉が――。
「あの、ひとつお願いがあるんです。今日、もし私たちが家を買おうとしたら止めてください」
「え? どういうことですか?」
それまで静かだった奥様が照れ臭そうに口を開いた。
「私たち、気に入るとなんでもすぐほしくなっちゃうんです……」
そうして、ご夫婦はお二人の『一目惚れ』の過去を告白し始めたのだ――服や家具はもちろん、アパート、車、ペットの犬、驚いたことにお二人のご結婚までも。
「け、結婚もですか?」
「そうなんです。出会って二ヵ月で結婚しました」と奥様が幸せそうな笑顔を浮かべた。
「でも、さすがに家は今までとは勝手が違います。一生暮らす大切な場所ですから、私たちにブレーキをかけてほしいんです」
ご主人が真顔で僕を見た。

Copyright(C) 2013 THR Co.,Ltd All Right Reserved.